作成者別アーカイブ: muro

コンパイル(R25の場合)

Step1   Visual Studio2012 を起動
01
Step2   メニューバーから「ファイル/開く/3DS Workspace…」を選択
02
Step3   3DS-Open WorkspaceパネルのLocationにコンパイルするWSのパスを入力
Step4   Tool levelで「V5_6R2015_B25」を選択し「Open」をクリック03
Step5   Workspace ExplorerのWorkspaceで右クリック、「Prerequisites…」をクリック
04
Step6   3DS-Manage prerequisitesパネルのフォルダアイコンをクリック
Step7   リストに「New directory」が追加されるので「 … 」をクリック
05
Step8   フォルダ参照パネルでCAA APIがインストールされたCATIAを選択し「OK」をクリック
06
Step9   3DS-Manage prerequisitesパネルで「OK」をクリック
07
Step10   Workspace ExplorerのWorkspaceで右クリック、「Build / Build with mkmk…」をクリック
08
Step11   3DS-Build optionsパネルで「Build」をクリック
09
Step12   出力ウィンドウのログでビルドが終了したことを確認
10
Step13   Workspace ExplorerのWorkspaceで右クリック、「Refresh runtimeview」をクリック
11
Step14   出力ウィンドウにエラーが表示されていなければ、コンパイル終了12

DSLicSrv.txtへの参照パスを変更する

参照するDSLSのライセンスサーバーを指定するDSLicSrv.txtはデフォルトでは
下記パスに保存されています
Path:   C:\ProgramData\DassaultSystemes\Licenses

DSLS_CONFIG の環境変数を適用することで参照パスを変更できます。
DSLS_CONFIG=参照パス\DSLicSrv.txt

上記環境変数は システム環境変数 に設定してください。

R25以降でのRADE適用方法

R25(V5-6R2015)以降ではCAA RADEの適用方法がR24までと異なります。
R25では開発環境が Visual Studio2012 となります。

下記の手順でRADEを適用できます。
Step1  CAA RADEの下記インストールフォルダ内から 3DSOpenNativeAppsExt2012.vsix を起動する
Path: InstallFolder\intel_a\code\bin
1

Step2   起動したパネルで Visual Studio2012 にチェックが入っていることを確認して
インストール をクリック
2

Step3   インストール完了のメッセージが表示されたら 閉じる をクリック
3

Step4   下記CAA RADEのインストールフォルダから CATVBTLicenser.exe を起動
PathInstallFolder\intel_a\code\bin
4

Step5   表示されるパネルで CDC にチェックを入れて Apply をクリック
5

Step6   表示されるメッセージを OK で閉じる
6
Step7   閉じる ボタンをクリック
7

Step8   Visual Studio2012 を起動
8

Step9   表示されたオプションパネルの Tools configuration欄にCAA RADEのインストールフォルダ内にある tck_init.bat  のフルパスを入力
Path: InstallFolder\intel_a\code\command\tck_init.bat
9

Step10   Company欄を入力して OK をクリック
10

管理者モードでのCATIA起動

管理者モード起動では、Optionのロック設定やStandardのカスタマイズが可能
※管理者モード用のCATSettingフォルダが必要
パスはCATEnvファイルの CATReferenceSettingPath に設定

・Optionのロック設定とは:
一般ユーザーによるCATIAのTools/Optionsで表示される各オプションの設定 可/不可の設定。
下図の例では管理者モードでUIの設定を P2 でロックしているため一般ユーザーはUIのスタイルを変更できない。

【管理者モード時Optionsパネル】
AdminSettings02_NLS

【一般ユーザーOptionsパネル】
AdminSettings05_NLS

Adminモードのショートカット作成方法:
1. CATIA起動用のショートカットアイコンをAdmin用にコピー
icon01
2. コピーしたショートカットのプロパティを開く
3. プロパティ/ショートカットタブのリンク先の編集をする。
・ CNEXT.exe の後ろに -admin を追記する。
例: ”CATIAインストールパス\win_b64\code\bin\CATSTART.exe” -run “CNEXT.exe -admin” -env Envファイル名 -direnv “Envファイルパス”
property