カテゴリー別アーカイブ: CATIA

Advanced Surface Mesherの作成方法

Advanced Surface Mesherは以下の関数を使用して作成する

 // pMSHMeshManagerはCATIMSGMeshManegerのポインタ
 // CreateMeshPartの引数に"MSHPartSmartSurf"を設定するとAdvanced Surface Mesherになる
 CATIMSHMeshPart * pMeshPart = pMSHMeshManager->CreateMeshPart("MSHPartSmartSurf");

 // Meshを貼る対象要素を設定
 // pProduct : CATIProductのポインタ(Support要素を含むProduct要素)
 // pSupport : CATILinkableObjectのポインタ(Support要素)
 HRESULT rc = pMeshPart->SetSupport(pProduct, pSupport);

DSLicSrv.txtへの参照パスを変更する

参照するDSLSのライセンスサーバーを指定するDSLicSrv.txtはデフォルトでは
下記パスに保存されています
Path:   C:\ProgramData\DassaultSystemes\Licenses

DSLS_CONFIG の環境変数を適用することで参照パスを変更できます。
DSLS_CONFIG=参照パス\DSLicSrv.txt

上記環境変数は システム環境変数 に設定してください。