カテゴリー別アーカイブ: ANSA

ANSAでモデルの見え方を整えるショートカットキー(10種類)

ANSAでモデルの見え方を変更するショートカットを紹介します。この機能を覚えておくと素早いモデルビュー操作が可能になります。

ショートカットキー 説明
「F1」 モデルTopの表示
「F2」 モデルFrontの表示
「F3」 モデルLeftの表示
「F4」 モデルBottomの表示
「F5」 モデルBackの表示
「F6」 モデルRightの表示
「F7」 モデル拡大
「F8」 モデル縮小
「F9」 モデルの画面フィット
「F10」 モデルのIsometric表示

ANSAで利用できる解析ソフト一覧

◆ANSAと連携可能な解析ソフトと解析手法の一覧です。

******************

計算ソフト

解析手法

URL

******************

1.NASTRAN

構造解析

http://www.nastran.jp/index.html

 

2.ABAQUS

構造解析

http://www.cadjapan.com/products/cae_kouzou/abaqus/

 

3.LS-DYNA

非線形動的解析

衝撃・衝突解析

http://ls-dyna.jsol.co.jp/

 

4.ANSYS

流体解析

振動解析

電磁場解析

http://ansys.jp/products/mechanical/index.html?   utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=5-2

 

5.PAM-CRASH

衝撃・衝突解析

http://www.esi.co.jp/product/crash_impact-safety/PAM-CRASH2G/index.html

 

6.RADIOSS

構造解析

熱流体解析

認証解析

電磁場解析

機構解析

マルチボディ・システム解析

http://www.sgi.co.jp/solutions/manufacturing/isv/simulation/radioss-crash.html

 

7.PERMAS

振動解析

 

8.MOLDEX3D

樹脂流動解析

http://www.saeilo.co.jp/products/moldex3d/

 

9.CFD++

流体解析

http://www.delight-net.com/products/CFDpp/index.html

 

10.FRUENT

熱流体解析

http://www.rccm.co.jp/development/fluid/fluent.html

 

11.UH3D

流体解析

 

12.THESEUS

熱環境解析

 

13.CFX

熱流体解析

http://www.cybernet.co.jp/ansys/product/lineup/cfx/

 

14.TOSCA

固有振動解析

http://www.vinas.com/seihin/tosca/index.html

CATPartを簡単にFEMモデルに変換する方法(ANSAを使用)

◆ANSA
BETA社により開発されたプリプロセッサ
CATIAモデルから構造、流体に関する高品質なFEMモデルの作成が可能

◆CATPart Modelの読み込み
ANSAでは標準機能としてCATPartの読み込みが可能

●操作手順
File -> Open(Ctrl+ O) ~> モデルを選択

読み込みボタン

◆自動FEMモデル作成
ANSAでは標準機能としてCATPartモデルから自動メッシュ作成が可能

●操作手順
MESH -> MESH GEN. -> BATCH -> Select/Regenerate/VisibleBATMeshボタン

 

 

 

 

 

◆高品質化に向けた詳細設定項目
ANSAではQuality Criteria(Presentation Parameters)機能によって
自動メッシュ作成時の詳細設定が行える

●詳細設定項目例
・メッシュサイズ(min/max length)
・アスペクト比(aspect ratio)
・ヤコビアン比(jacobian)
・ワーピングファクター(warping)
・最大コーナー角度(max angle quads/max angle trias)
・歪度(skewness)

諸設定

 

 

 

 

 

 

 

◆出力可能なFEMモデルフォーマット
記事:ANSA 解析ソフト一覧