カテゴリー別アーカイブ: CAA

コンパイル(R25の場合)

Step1   Visual Studio2012 を起動
01
Step2   メニューバーから「ファイル/開く/3DS Workspace…」を選択
02
Step3   3DS-Open WorkspaceパネルのLocationにコンパイルするWSのパスを入力
Step4   Tool levelで「V5_6R2015_B25」を選択し「Open」をクリック03
Step5   Workspace ExplorerのWorkspaceで右クリック、「Prerequisites…」をクリック
04
Step6   3DS-Manage prerequisitesパネルのフォルダアイコンをクリック
Step7   リストに「New directory」が追加されるので「 … 」をクリック
05
Step8   フォルダ参照パネルでCAA APIがインストールされたCATIAを選択し「OK」をクリック
06
Step9   3DS-Manage prerequisitesパネルで「OK」をクリック
07
Step10   Workspace ExplorerのWorkspaceで右クリック、「Build / Build with mkmk…」をクリック
08
Step11   3DS-Build optionsパネルで「Build」をクリック
09
Step12   出力ウィンドウのログでビルドが終了したことを確認
10
Step13   Workspace ExplorerのWorkspaceで右クリック、「Refresh runtimeview」をクリック
11
Step14   出力ウィンドウにエラーが表示されていなければ、コンパイル終了12

Advanced Surface Mesherの作成方法

Advanced Surface Mesherは以下の関数を使用して作成する

 // pMSHMeshManagerはCATIMSGMeshManegerのポインタ
 // CreateMeshPartの引数に"MSHPartSmartSurf"を設定するとAdvanced Surface Mesherになる
 CATIMSHMeshPart * pMeshPart = pMSHMeshManager->CreateMeshPart("MSHPartSmartSurf");

 // Meshを貼る対象要素を設定
 // pProduct : CATIProductのポインタ(Support要素を含むProduct要素)
 // pSupport : CATILinkableObjectのポインタ(Support要素)
 HRESULT rc = pMeshPart->SetSupport(pProduct, pSupport);

R25以降でのRADE適用方法

R25(V5-6R2015)以降ではCAA RADEの適用方法がR24までと異なります。
R25では開発環境が Visual Studio2012 となります。

下記の手順でRADEを適用できます。
Step1  CAA RADEの下記インストールフォルダ内から 3DSOpenNativeAppsExt2012.vsix を起動する
Path: InstallFolder\intel_a\code\bin
1

Step2   起動したパネルで Visual Studio2012 にチェックが入っていることを確認して
インストール をクリック
2

Step3   インストール完了のメッセージが表示されたら 閉じる をクリック
3

Step4   下記CAA RADEのインストールフォルダから CATVBTLicenser.exe を起動
PathInstallFolder\intel_a\code\bin
4

Step5   表示されるパネルで CDC にチェックを入れて Apply をクリック
5

Step6   表示されるメッセージを OK で閉じる
6
Step7   閉じる ボタンをクリック
7

Step8   Visual Studio2012 を起動
8

Step9   表示されたオプションパネルの Tools configuration欄にCAA RADEのインストールフォルダ内にある tck_init.bat  のフルパスを入力
Path: InstallFolder\intel_a\code\command\tck_init.bat
9

Step10   Company欄を入力して OK をクリック
10

要素を選択した際の座標を取得

CATPathElementAgentを使用して、
要素を取得した時に、選択した座標を取得する方法。

CATPathElementAgentが実行された直後に、
CATIndicationAgentを取得させることで、
スクリーン上の座標とスクリーンの向きを取得して、
選択した要素に点を投影するなどといった方法が考えられるが、
以下の手法だともっと簡単に取得できる。

続きを読む

履歴付き要素をDatum要素に置き換える その2

以前、記載した「履歴付き要素をDatum要素に置き換える」方法では、
別次元の要素が混ざっている場合に、エラーが発生してしまう。

その場合は、以下の方法で、同次元の要素のみ(点のみ、線のみ、面のみ)になるが、
Datum要素に変換することができる。

続きを読む