自由曲線できれいな左右対称形状を作る

CATIAオペレーションにて左右対称の形状を作成する際、
自由曲線を使用した時に対称の境界がクッキリ作成されてしまう
現象を回避する方法。

今回はZ軸を境界としてスプラインで作成
WS000000

この自由曲線を使用してサーフェスを作成すると
WS000001WS000002

この様に境界線がクッキリ現れてしまう。

これを回避する為に、線を作成する際に
境界線(Z軸)の反対側に垂直な線を作成し、
その線に対し、自由曲線の端部を接続し、接線拘束をかける
WS000003

この様な、処理を加えた自由曲線を使用して
左右対称のサーフェスを作成すると
WS000004WS000005

このように境界線がなくなりきれいな形状を作成することが出来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*